2010年04月22日

トライアル同行

預かりっ子が居ないと、すっかり放置中のブログ顔(汗)
もう1ヶ月以上前ですが・・・
2頭のトライアルに同行しました。

<<その1>>
かるころさん預かり、ビーグル犬(笑)しんべぇ君
_DSC9773.jpg
ビーグルなのに(笑)、とっても大人しい良い子。
_DSC9770.jpg
しんべぇを見つめる嬉しそうなお顔が印象的だったパパさん
_DSC9782.jpg
ママさんは、ワンコ初心者だそうですが、
とっても可愛がっていただけそうな御家族でした。

すでに正式譲渡済みで、新しいお名前はバディ君となりました。
現在、かるころ家にはパピヨン撤平君が滞在中。

<<その2>>
サザエさん預かりキャバリアゆずちゃん
2010032211030000.jpg
こちらは、小学生のお子様の居るご家族へ。
穏やかなご家族で、キャバリアの宿命、心疾患を抱えるゆずちゃんも
安心しんしてお願いできる御家族です。
Aちゃんとゆずちゃん、似ているような・・。
素敵な姉妹になりそうでした。

2010032211020000.jpg
ゆずちゃんのお届けには利休君も同行。

2010032209410000.jpg
ゆずちゃんの着ているお洋服、ママの手作りでAちゃんのティアードスカートとお揃いです。
早くもアマアマ生活で、何も心配ありません。

こちらもすでに正式譲渡。
サザエ家には、現在、ケアーン・テリアちゃいちゃんが滞在中。

心配の無い御家族でも、お別れはサビシイ。
2010032210570001.jpg
サザエさんの手をペロペロして甘えるゆずちゃん。
_DSC9777.jpg
かるころさんに抱っこをせがむしんべぇ君

「今までありがとう」「頑張るね」
「でも・・・サビシイな。一緒に帰っちゃダメ?・・・だよね。」
そんな声が聞こえてきそうなお別れでした。


そして・・・
我が家の7代目預かりっ子になるはずだったキャバリア君
DSC02885.jpg
名前は「蓮」
我が家に辿り着くことなく、天に還ってしまいました。
名前を考え、サークルを準備して、
男の子だからマナーバンドを作ろうとミシンをしている時に届いた訃報。
何もしてあげられなくてごめんね。
いつか会えたら「蓮だよ」って教えてね。

ニックネーム ペコ母 at 21:24| Comment(5) | catnap | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みなさんの愛情のこもった活動の
1つ1つが、
このかわいい子たちの命をつなげていっているのですねハートたち(複数ハート)
蓮くん、いつか会おうね
Posted by はちゅ at 2010年04月23日 22:45
翔の弟君が来る予定だったんですかexclamation&question

何故、そんなに早くに〜たらーっ(汗)やっと、家族探しまでたどり着いたのに・・・悲しいですもうやだ〜(悲しい顔)
Posted by ロッキー母 at 2010年04月25日 13:02
四葉はちゅ様
2頭ともとっても良い子で、心配の無いトライアルでしたが、
やはりお別れは切ないですね。
蓮君、保護犬ではなく、お友達の子として会えたらいいなぁと思っています。

四葉ロッキー母様
蓮君が我家に来るはずだったのは、お正月明け、早々のことでした。
なかなか記事に出来なくて、やっと書けました。
この子達にとって、我家に辿り着くまでが大変なんですよね。
いつか幸せな子であえるといいなぁ。
Posted by ペコ母 at 2010年04月26日 23:46
犬(笑)お久しぶりです。

ブログお休みされてる間に
我が家も色んな事がありました。

ぺこママさんの真似っ子?で始めた
保護活動。
黒プードルのおはぎちゃんは
1週間でお家が決まり
その後、福岡県動物愛護センターから
黒プーのエッフェル君の預かりをしました。

純血種の里親探しって案外大変なんですね〜
色々、決めきれない点があり
エッフェル自体も、クレートに入れない
留守番できない・バイクや自転車を追う
吠える・・・と問題の多い子ですので
譲渡しても、ご迷惑になるのでは・・・?
と感じ、先々週ウチの子にしてしまいました。
只今、プードル3頭飼い・・・。
頑張って稼ぎます。

ティム君、もう3年も前なんですね〜
多分、ティム君の記事が
私の魂を呼び起こした(大袈裟!)んだと
思ってます。

我が家はもう預かりはできませんが
色んな事で、啓蒙活動みたいなのが
できたらいいなぁと思っています。
Posted by クッぷりまま(きらら☆) at 2010年04月29日 01:07
四葉クッぷりママ様
お返事遅くなりごめんなさい。
プードル3頭飼い!!
きっとエッフェル君は、クッぷりママさんの所を自分のお家と決めたのですね。
心配な事のある子は、預かり宅に居るより
幸せになれると確信が出来る方の元へでないと、出せませんよね。

我が家もペコが高齢になり保護犬が来るとストレスがかかったり、人間の介護生活が入ったりするため積極的に「預かります」とはいえない状況です。
あくまでボランティアですから、家族に我慢を強いたり、犠牲にしては出来ないですものね。
我が家も当分は里親会やフリマの告知をするぐらいですが細々と続けて行こうと思います
Posted by ペコ母 at 2010年05月07日 20:23